FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZETMAN~第一部~

桂正和先生の最新?作ZETMANを見ました。
最新作って言っても10年以上前に連載始まった作品ですからね。無事完結はするのでしょーか?
とりあえず第一部は無事完結してますからね。そこまでの感想をば。

まぁ、全体的に言いますと、和製バットマン的な感じでしょうか。アメコミ調というかなんというか。
ただ、随所に日本的なんですよね。キャラクターの葛藤とか敵キャラのゲスさとか、モブキャラのうざさとか。
よく言えば、アメコミと日本的な漫画の融合、悪く言えば日本人がアメコミ書こうとして書ききれてないというか・・・。

ですが、そもそもアメコミ自体が日本人には結構受け入れがたい部分多いですからね。
日本人は漫画に適度な複雑さとか人間関係とか欲しがりますから。単純すぎる漫画はあんまり評価したがりません。
そう言う意味では日本人に受け入れられるギリギリアメコミのラインはこれくらいなのでしょうかね。

ちょっと批判先行しちゃってもうちょい言うと、ストーリーが悪い意味で複雑になってる部分が多い気がしますかね。
なんか設定とかそれぞれの説明とか難しくしすぎちゃってる気がします。正直理解しきれてませんw
一回見ただけで完全に理解出来る人は少ないのではないでしょうか?漫画見終わったあとwiki見て、
「ああ、そう言えばこんなやついたなぁ」とか「こいつそんな終わり方だったっけ?」って思うことがしばしば・・・。
これが適切な言葉かどうかはわからないですが、なんか『整理しきれてない』感じがしました。
回収してない伏線も多く、説明不足すぎるキャラも多く、ホントにこれ連載終わるの?臭がしますねw
最近『終わらない連載作品』をよく見てる者としては、この作品はちゃんと終わらせて欲しいですねw

さて、批判ばかりだとアレなので、後は褒めに褒めましょう。
とりあえず一番に褒めるところはここですね。さすがの桂正和作品!な画力です。
キャラのカッコよさ、可愛さ、背景の美しさなど文句のつけ様がありません。
流石エロさで有名な桂正和作品wこの作品もエロ関係ないはずなのになんかエロいですw褒め言葉ですよ!
強いて画力の不満点を言うならカラーがなんか古さを感じるところと、破壊された場所とかはちょっとごちゃごちゃして
見ずらいってとこでしょうか。まぁここら辺は好みもあるでしょうしあまり批判もしたくないところですが。

あとは魅力的なキャラクター達ですね。
僕のお勧めキャラは主人公のジン君とヒロインの小葉。そしてなんといっても灰谷さんです!
ジン君はゼットマン時のカッコよさに加え、外見とギャップのある優しさ、純粋さに惹かれます。
主人公がカッコいい作品は意外に少なかったりしますけど、ジンは文句無くカッコいい主人公ではないでしょうか。
小葉さん・・・読み方は「このは」です。何回見ても読めないwなんでこんなに難しい名前にしたんだw
小葉は桂漫画定番のヒロインの外見ですね。桂正和の漫画のヒロインは可愛いだけではなく、芯の強さみたいなものもあり、
外見だけではなく内面も気に入ることが多く、毎作好きになれます。
主人公だけではなく、主人公&ヒロインが好きになれる漫画って結構自分的には貴重なので、新鮮ですw
そして灰谷さんですよ!灰谷さんは敵の一人で、別にラスボスってわけでもないんですけど、とにかく存在感があります。
外見は腐れホストみたいな感じなんですけど、物語を影から操っているような、黒幕感満載ですw
灰谷さんがカッコよすぎて、他の敵キャラが霞む霞むwそして味方側を応援しきれないという弊害がw
ゼットマンにはジンくんともう一人主人公みたいなコウガってやついるんですけど、
そいつの坊や感がどうしても好きになれないので、灰谷さんと一緒に出ると問題なく敵である灰谷さんを応援しちゃいますw

まぁ要するに何が言いたいかというと、僕的にはZETMANは
「灰谷さんの漫画」
ってことですw今回本当に書きたいのはこの一行だけだったw

まだまだ、謎が多く、完結まで長そうですが、それ以前に一日でも早く第二部始まってほしい!
桂先生、始まらないと終わりようが無いんですよ!!(泣)
スポンサーサイト

月刊少女野崎くん

ちょいと今月やることなどございまして、記事の更新が多少滞っております。
決して辞めるわけではないのでご安心を!
・・・いや、安心も何も誰がみてるっていうw
ほとんど自分が書いて楽しんでるだけの趣味ブログですからねー(o´∀`o)
さて、自虐ネタはこれくらいで本題の方を

今回は月刊少女野崎くんです。
これはガンガンオンラインというWEB雑誌の漫画の一つですね。
アニメ化もされているので、そっちからのが入りやすいかもしれません。かく言う僕もアニメから入りましたしね。
商品提供の手段が多様化している現代ではこういうWEB雑誌とかでも面白いのがあるから侮れませんね。
他にもばらかもん、私がモテないのは~、田中君はいつもけだるげなど、アニメ化してたりするような作品がゴロゴロ。
よくここまで人気作あってガンガンオンラインは無料でやれてますね。いや、むしろ無料だからこそここまで人気があるのか。

また話が脱線しているので、戻しますw
月刊少女野崎くんのストーリーですけど、まぁわかりやすい学園モノの4コマですね。
多少違う設定といえば、主人公が学生をやりながら少女漫画の作家をしてるってとこくらいです(しかも体のでかい男w)。
後はまぁ、異常にモテる奴がいたり、ガサツだけど実は歌が超ウマイやつがいたりとか、ホント普通ですね。漫画にしてはw
じゃあ何が面白いのかっていうと、王道というか、正統派というか・・・4コマとして色々なところがハイレベル。そう言う感じですか。
絵が綺麗で読みやすく、キャラがそれぞれ活きていて、起承転結が上手く描かれています。
感想も普通になってしまいましたが、それ以外あんまり言いようがないですね。
繰り返しになってしまいますが、4コマとしてハイレベル、上手な作品です。

これだけだと、感想が実に面白くないものになってしまいましたので、一応もうちょっと分析してみますw
作者の椿いづみさんは女性で、元々少女漫画の漫画家さんです。花とゆめという雑誌で今でも連載しています。
椿いづみさんの他の作品は見たことないので、あくまでこの作品では、の評価になりますが・・・。
僕が一番評価したいのは、いい意味で、本当にいい意味で

女性が書いた作品と思えない!

ところです!!
こいつ何言ってんだって目で見ないでくださいwちゃんと説明致しますのでw
なんというか作者が男性か女性かって結構分かったりするんですよね。
これに関しては僕だけではなく、みなさんにも経験あることだと思います。
まず絵柄が違います。これは性差なのか、女性は少女漫画で育っている人が多いからなのかわかりませんが、
なんというか、女性の書く絵はキラキラって感じで、丸っこいんですよね。
他にも直感的にも違いを感じたりします。うーん、男性は絵にリアルを取り入れるが、
女性は絵は限界までリアル臭さを無くしてるって感じですかね?すみません、うまく説明しきれてませんwww

他にも、話の面は逆に男性作家はフィクションはフィクションとして捉えますけど、女性作者は
フィクションでもリアル、というか生々しい、というかフィクションに徹してない感じがします。

上にあげたのはあくまで自分の感想ですし、その傾向を感じるってだけで、全ての作家がそうと言ってるわけではありません。
そして、男性作家と女性作家、どちらが上と言っているわけでもありませんのであしからず!
決して性差別をしているわけではありませんからね←これ大事!

またまた脱線しかけているので、戻りますw
椿いづみさんは、僕の思ってたその女性作家の多くの特徴が出てない!
・・・といいますか、正直女性作者だと思っていませんでした(失礼!)。
重ねていいますが、いい意味でそういう言葉を使いました!
女性作家という事を知ってから作品を見ると、なるほど、男性作家の良さと、女性作家の良さ、両方が出ているといいますか。
ハイブリッドな作品だな、と思いました。こう書くとようやく褒めている感じになりますかねw

男性的な漫画と女性的な漫画には好みがあります。これまで読んできた作品や育ってきた環境、色々あるでしょうけど、
大体どっちが好きか好みは分かれますね。僕は男性的な漫画の方が好きな作品が多いです。
両方同じくらい好きって人は少ないんじゃないかなーと思ってます。

そう考えると、僕が言っているだけですが、男性的な良さと女性的な良さの両方が感じられる「ハイブリッド」4コマな
月刊少女野崎くんは、両方の層から指示を得られる貴重な4コマ漫画だと思います。

結論一つ出すのにまぁ時間かけてしまいましたが、これが僕の月刊少女野崎くんが面白く、
WEB漫画の域を出るくらい人気が出た理由の一つだと思ってます。

今回は一応気を使ったつもりですが、性差別と捉えられかねないギリギリかもしれません。
もしそう思った方が居たとしても、本人そのつもりは全くございませんので、そう思った方は
そっとこのページを閉じていただけると助かりますw
45129120.jpg

主人公がハゲ・・・だと?

ワンパンマンの記事を一つ。

この漫画は最近アニメ化もしましたねー。僕はアニメ版は見てないですが。
ただ、売れる前から知ってましたよ的なドヤ顔するのも心が痛むので一応白状すると、
僕は完全に乗っかり組ですね。なんかこれ最近よく聞くなー。よし、見ようかな。的な。

この作品は元々ネットで無料掲載されていた漫画らしいですね。作者のONEって人の書いてたこのワンパンマンが
ネットで人気になり、アイシールド21の作画の村田雄介先生がよければ僕に絵をつけさせて雑誌で掲載しませんか?
ってことらしいです。そこからワンパンマンは人気が出て、サラリーマンだったONEって人は脱サラして原作者に。
なんか夢がありますね!ネット社会の今はどこにチャンスが転がっているかわからないものです。


ストーリーは単純明快。
悪い奴(怪人とか宇宙人とか)が出てくる→うわー、誰もあいつを倒せないのかー
→主人公のサイタマ登場→ワンパン(瞬殺)する。
大体こんな感じです。主人公が敵を圧倒する、爽快感が受けているんですかねー。

世界観的には怪人等が普通に出てくる世界で、ヒーローというものが職業化されてる世界です。
ヒーローによってランク付けされていたり、ヒーロー協会的なものもあります。
よくあるって言えばよくある設定ですが、あまりないのはその主人公の異質さ。

主人公のサイタマは顔と格好はどう見てもモブです。ただ圧倒的に強い!今まで苦戦した描写はあまりないですね。
むしろ強くなりすぎた故の孤独さ、虚しさが目立つことが多いです。
あまりにも強すぎるためにその強さは認められないことが多く、イカサマ扱いされたり、他のヒーローが弱らせたから倒せた、
ということにされたりします。サイタマ自身も名声に固執していない節があり、否定しないですからね。
わかる人だけわかるその強さ。まさに孤高のヒーローですね。
しかしヒーロー名はヒゲマント。おい誰がそんな名前にしたwまぁまさにサイタマを表す言葉にぴったりだがww

そのサイタマに徐々に理解者が増え、強さを認めるものが増え、気がつけば周りに人が。シンプルですね。
多分あまり伏線とかストーリーは気にする漫画ではないのかな、と。
まぁその主人公のサイタマの魅力、村田雄介先生の圧倒的な画力だけで人気の出る理由は充分わかります。
あとはいかにしてサイタマの強さが世界中に伝わっていくのか。それだけでヤキモキしますし、
理解者が増えたときおおーってなります。この漫画はそういう漫画でしょう。

単行本ワンパンマンは最近加入したヒロイン?のフブキ様が大活躍ですね。
まぁワンパンマンに女性キャラ自体がフブキ様とタツマキお姉さんくらいしかいないんですけどw
これだけ綺麗な絵の漫画なので女性キャラがいないってのも勿体無いですからね。
どう考えてもフブキ様は人気出るでしょう!いずれはフィギア化・・・まぁ多分なっても買いませんがw

原作の無料掲載されている方はなんか徐々に複雑になっていき、ワンパンマンの魅力が・・・。という声も聞きますが、
どうやら原作のネット漫画と単行本化している村田雄介ワンパンマンはちょっとずつ変更点が多くなってきているので、
これからが楽しみですね。ネットでの直の声を参考に単行本で修正していく、
これも新たな漫画の作り方の一つではないでしょうか?

繰り返しになりますが、ワンパンマンはサイタマの圧倒的な強さ、それによる爽快感が売りの漫画です。
なので僕のように「主人公が強い作品が好きっ!」って方にはたまらない作品だと思います。
伏線とか謎とか人間模様とかが好きな人にはあまり合わないかな?
みんなでハゲマントを応援しましょうww
mig.jpg

三国天武、紹介的な

今回は三国天武という携帯アプリのゲームに関する記事です。

そもそも僕のカキさん、カキツバタっていう名前はそのゲームでの名前から来ています。
三国天武っていうのはわかりやすくいえば三国志版クラッシュオブクラウンです。
クラッシュオブクラウンも知らない人のためにもっと言うと、城下町を作り、武将や兵を強化し、軍団に入り、
資源を奪ったり奪われたり、軍団同士で争ったり、中国統一を目指したりするゲームです。
一応本筋は中国統一なんですけどね。まぁ、こういうゲームは本筋より軍団戦とかのが面白かったりするのがお決まりです。
クラッシュオブクラウンとの一番の違いは武将ですかね。孔明とか曹操とか関羽とか呂布とか、
日本では三国無双などのゲームの影響でもはやメジャーになった武将を使用できたりします。
武将の組み合わせによって様々な軍団が作れます!
っていってもある程度まで行くとスタメンは決まってしまうのがこういうゲームのお決まりですけどねw

このゲームの僕的に一番ありがたいところは、強い武将を手に入れる方法がガチャではなく転生というシステムで、
しかもその転生システムには天井があることです!つまり僕のような引き弱でも続けさえすればいつか最強の武将が
手に入るってことです!素晴らしい!モンストでルシファーのためにムキになってたころにこのアプリを知ってれば・・・。
課金もお得な一ヶ月セットがあるので、廃課金プレイヤーとかはともかく、おこずかいの範囲でアプリを楽しみたいって人には
ありがたいゲームですねー(^-^)
ちなみに転生などの特殊な方法でしか手に入らない最強武将達は無双名将武将っていいます。
名前からしていかにもですねw

一応僕の今のスタメン武将も紹介しときます。
諸葛亮孔明
704.png
この武将は最初に手に入れた無双名将武将です。思い入れありますねー。最強を目指す人達が一度は手に入れる、
ある意味最初の壁ですw最初から最後まで使える使い勝手のいい武将ですね。

曹操孟徳
705.png
最近手に入れました!出てくれたときはマジで嬉しかったー!絶対天井行くと思ってたw
配下武将を2体三十秒間召喚、という敵の殲滅よりは、敵のターゲットが増えるため生存率があがるスキルですかね。

龐統士元
708.png
三国志で有名な蜀の二大軍師、「伏龍と鳳雛」の鳳雛の方ですね。この子は無双名将武将ではないですが、
スキルが結構エゲつない。敵を凍らせてしまいます。無双名将武将以外の武将では最強の一角ではないでしょうか。

魅小喬
623.png
呉の二喬の妹の方ですね。無双名将武将どころか星7ですらないですが星7よりある意味使える星6武将です。
味方を復活させちゃいます。ドラクエでいうとこの僧侶ポジションですね。

以上が今の僕のスタメンです。今回はあくまでゲームの紹介がメインなのでこんなところですかね。
色々なアプリを渡り歩いた僕が最後に行き着いたお気に入りがこの三国天武です。
三国志好きな方には是非オススメできます。

いずれ気が向けばこのアプリの攻略的なものも書いていきたいですね。
あと、新しい無双名将武将を手に入れれば嬉しくて書くと思いますw
今回はこれくらいで。皆様も良き三国天武ライフをww
プロフィール

カキツバタ8101

Author:カキツバタ8101
小説家になろうというサイトで
自作小説を書き始めました。
リンク欄から飛べますので、
応援よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者様
ブロとも一覧

メロンダイアリー

とある廃人のゲーム日記

声帯改造計画

矛盾した日記ブログ

アニオタの夢幻
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。